logo

Links



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (2)  |  RSS/ATOM 記事 (590)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (590)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

[ゲーム][IT][大学][研究]”The Sexes Battle It Out in Candida on the TLE Stage in Second Life”  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-3 9:00) 
http://tleinsl.blogspot.com/ Second Life上で、Bernard Shawの戯曲を上演するらしい。 そろそろ時間をSLTに換算することを覚えなければ。
[研究]Geschichte(n) der Robotik(Jahrestagung der Gesellschaft für Technikgeschichte, Offenbach 200  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-3 9:00) 
http://www.gtg.tu-berlin.de/mambo/index.php?option=com_content&task=view&id=785&Itemid=267 ドイツの技術史学会の年会。なぜかロボットの歴史がテーマで、なぜか日本についての発表が多い。CFPは英語だったのだので、申し込んだら採択されたものの、発表は大部分、ドイツ語。今の私のドイツ語力でどの程度理解できるか心許ないので、躊躇していたのだが、内容には大変関心があるし、ドイツ語のブラッシュアップを ...
[読書]ラングドン・ウィナー『鯨と原子炉:技術の限界を求めて』紀伊国屋書店、2000.  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-3 9:00) 
鯨と原子炉―技術の限界を求めて 作者: ラングドンウィナー, Langdon Winner, 吉岡斉, 若松征男 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2000/02 メディア: 単行本 授業に使えないかと思って、日本語訳で読んでみた。結論としては、STS特有のジャーゴンがほとんどないのだが、人文社会系の教養が必要で、生命系の並の大学院生では多分、読みこなせないだろう。ただ、最後の章は読むだけなら読めるかもしれない。でもたぶん、良くわからないだろうな。 いろいろ挑発的な主張があっ ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-3 9:00) 
通常の金曜日。雑用と読書で過ごす。 いつもどおり食後に2000m泳いで、終バスで帰宅。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-2 9:00) 
木曜日。今日はとくにすばらしい天気である。富士山と丹沢が良く見えた。丹沢ではまだ上のほうは雪が積もっているようだ。 今は新人研修の時期らしく、湘南国際村には、スーツ姿の若い人たちが目につく。 論文に取り掛かりたかったが、仕事はあまり進まず。 一本論文を読んだだけでひどく疲労してしまった。 春のこういう日は昼ねしてすごすのが一番賢いのかもしれない。 食後に水泳。今日はゆっくりと2000m泳ぐ。 副論文に関する文書の草案を作成。われながら良い出来だと思うのだが。
[読書]Mark H. Cooper, ”Commercialization of the University and Problem Choice by Academic Biologica  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-1 9:00) 
これはなかなかの力作。ただ、データ収集が大掛かりで、概念装置も手がこんでいるわりには、結果にいまひとつインパクトがない。 著者はウィスコンシン・マディソンの社会学のまだ大学院生である。どうやらそこ(Department of Sociology and Rural Sociology)にこの手のことをやっているおおがかなりな研究チームがあるのだろう。これは学位論文の一部だろうか。しかし、タイトル部分にある著者の所属が上記であるのに、author’s noteにある連絡先がDepartment of G ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-4-1 9:00) 
年度の最初の日が、エイプリル・フールで始まるというのは、どうもしまらない。 やむを得ず使っている大学の無線ランは不安定でときどき途切れたりする。 なんとかデスクトップからはプリントアウトすることができるようになったのだが、無線ランでつながっているラップトップからはなぜかプリントアウトできない。古いラップトップも無線ランにつながらない。 今まで自分の部屋では自前の無線ルーターを設置していて、快適に使っていたのだが、大学で提供している無線ランと干渉する恐れがあるということで、シャットダウンさせられてしまっ ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-3-31 9:00) 
いつもどおりの日。3時半より会議。かなりストレスがたまる。いつものことだが、主張をするときには論理的に根拠を示してほしいものである。 なにやらロビーでパーティがあったらしい。半防音ドアのおかげで、騒ぎは聞こえない。 いつもどおり、2000m泳いで、終バスで帰宅。
[時事]「小泉政権ブレーンの高橋洋一教授 脱衣所で窃盗容疑」(asahi.com)  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-3-30 9:00) 
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY200903300341.html 目を疑うような記事。しかし、この記事だけではいったいどういう経緯なのかよくわからないし、動機もよくわからない。持ち主に興味がある、というのは盗む理由にはまったくならない。 窃盗の時間が8時ごろとなっているが、これは供述にあるのか、それとも、監視カメラにあるのか、それとも持ち主の発見時刻からの推定なのか、この記事には書かれていない。防犯カメラはいったいロッカー室にあるのか、それと ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-3-30 9:00) 
昼に、送別会。総研大はプロパーの職員が少なく、3年たつとローテーションで配置転換になる人が多く、毎年かなりの人がいなくなる。知っている人がいなくなるだけでなく、知る機会のないまま見送る人もいるのは新参者だから仕方ないのか。 オフィスのネットワーク。いろいろ問題が生じて、一台は無線ネットワークにつながらず、ネットワークプリンターもうまく動作せず。結局、これでほとんど一日つぶして、問題が解決しない。せっかくうまく機能するオフィスネットワークができていたのに、大学のネットワークセンターの要求で、やり直しであ ...



« [1] 49 50 51 52 53 (54) 55 56 57 58 59 » 
メインメニュー
管理者用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録