logo

Links



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (2)  |  RSS/ATOM 記事 (590)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (590)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-11-5 9:00) 
生命科学合同セミナーの日。6時25分のバスで、大学へ行く。7時20分集合、バスで掛川のヤマハリゾートつま恋へ移動。途中、SAで昼食。すばらしい天気で、富士山がよく見える。昼頃に到着。 つま恋というのは、大規模なリゾート施設で、ひろい敷地内に、ホテル、温泉、テニスコート、スイミングプール、乗馬場、カートサーキットなど、いろいろな設備があり、中をバスが巡回している。全体として、設備の質は高く、ホテルも温泉も食事もかなり良い。ただ、ATMがなかったり、温泉もスイミングプールも別料金だったりする。 1時から、 ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-11-4 9:00) 
朝早く起きて、6時すぎのバスで大学へ向かい、7時前に到着。 午前中は書類書き。出張報告書一件、出張申請書を二件、そのたもろもろ。早起きすると午前中の時間が長く、いろいろと仕事が片付く。 緊急の書類書きを終えて、午後は、緊急のパワポ一件。続いて、翌日からの合同セミナーのポスターを作成。四時過ぎには印刷を終える。実のところ私はポスター発表の経験は無きに等しいので、どう作るものなのか良くわからない。ただ、人のポスター見ても、字が細かくて、多すぎるので、いつも読む気をなくすという経験があるのみ。 夕食後、プー ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-11-3 9:00) 
成田には30分ほど早く到着。十分休んだせいか、あまり疲れていない。やっぱり飛行機の中では映画を観ないのがよいらしい。 Luggage Claimに到着するとすでに荷物が出ていて、スムーズに税関を通り、駅に行くとちょうど久里浜行きの快速の10分前に到着。こんなスムーズに成田から出たのははじめて。 電車の中で仕事を続け、逗子についたら、スタバでまた少し仕事。 9時前に帰宅。意外なほど疲れていない。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-11-2 9:00) 
5時ごろ起きて荷造り。6時半ごろ、チェックアウト。ちょうどシャトルバスが出るところだったので、空港へ。 Reagan National AirportではSkyteamのラウンジはセキュリティエリアの外にしかない、ということなので、そこで出発まで待って、いろいろ仕事。作らないといけないパワーポイント一件と、ポスター一件。ほかにもいろいろやりたいことがあるのだが、この二つが緊急である。 デトロイトに飛んで、そこのラウンジでまた仕事。デトロイトから成田の飛行機はかなり混んでいた。スクリーンがほとんど見えな ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-11-1 9:00) 
学会は終了して、今日はウドガー=ヘイジー・センターへ。今日帰っても、良かったのだが、火曜日が祝日でもあり、日曜日に帰っても月曜日はつぶれるので、一日帰国を延ばし、今まで行くことができなかったこの博物館に行くことにしたのである。もちろん、目当てはエノラ・ゲイ、というよりも、エノラ・ゲイがどのように展示されているかを見ることだ。現代物理学史を研究し、原爆に関心のあるものとしては、一度は見ておくべきであると思ったのである。とくに例の騒動の後に、いったい今はどうなっているのか非常に興味があった。 このスミソニ ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-10-31 9:00) 
学会最終日。4Sというのは、いつも土曜日に終わることになっているらしい。あちこちのセッションに参加。最終日になると、クオリティがちょっとばらけているような気もする。 夜は、ホテルの最上階のレストランで夕食。さすがにおいしい。高いけれど。 来年の東京での4Sにむけて、いろいろな相談をする。ともかくかなりの大物が大挙してやってくるのは間違いなさそうである。というよりも、教授クラスの人たちは、研究費を持っているので、東京に比較的容易に来ることができる。他方、大学院生には来るのが難しいだろう。
[日記]ワシントン出張3日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-10-30 9:00) 
学会2日目(初日は無きに等しいとして)。8時から3つ続きのスレッドに参加。場所に関する様々な問題を扱うもの。建築、都市工学と絡めて話が多かったけれど、全体的に色々なものが混ざったスレッド。最後に私の発表である。15分ではやはりあまりうまくしゃべれなかった、というのが正直なところで、同時に、後半部分は場所の話よりも専門性の話なので、いまいちスレッドのテーマとフィットしなかった。興味をもってくれた人もいたので、まったく失敗というわけでもなかったようではある。 最後の時間帯はプレナリー。STSの未来、という ...
[日記]ワシントン出張2日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-10-29 9:00) 
4Sはセッションが多いので、始まる時間が早い。今年は8時からだ。しかも昼のセッションまで入っていたりする。 例年、4Sの発表というのは、玉石混交なのだが、なぜか今日の発表を聞いた限りでは、妙に粒がそろっている気がした。なんでだろう。 一つ印象的なのは、Naomi OreskesのMerchants of Doubtという話。これについては後で書く。 夜は、前学期の授業のOB・OG?4人で。23番街のエスニック料理が集中している地域で見つけたエチオピア料理の店に興味本位で入ってみると、なかなかおいしい。 ...
[科学史][STS] Merchant of Doubt  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-10-29 9:00) 
今日の4Sはどれも大変よくできたセッションばかりだったが、中でも印象的だったのが、Naomi Oreskesの発表だった。Merchants of Doubtというのは、彼女の出版予定の本の題名になるそうだ。OreskesはPeter Galisonの最初の弟子で(あとDavid Kaiserがダートマスの学部生だったころの指導教授)、今はUC San DiegoのSTSプログラムのチェアだったと思う。ただ、物理学ではなく、地球科学、プレートテクトニクスや、海洋学の歴史についての専門家で、今回の発表は ...
[日記]ワシントン出張1日目(4S)  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-10-28 9:00) 
7時少し前に目覚めて、荷造りを始める。7時50分のバスで逗子、8時19分発のエアポート成田で成田空港へ向かい、10時40分に到着。だいぶ時間に余裕がある。ラウンジでいろいろ仕事。 成田からデトロイトは運よく出口席。出口席の良いのは、人に気兼ねなく席を立てるし、人が席を立つときにどかなくてもよいことである。ひたすら眠ったり、目が覚めたら本を読んだり、コンピュータで仕事。映画は見ない。Museum at Night 2をやっていて、これからワシントンへ行く人にとっては見るのもよいかもしれないけれど。 デト ...



« [1] 16 17 18 19 20 (21) 22 23 24 25 26 [59] » 
メインメニュー
管理者用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録