logo

Links



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (2)  |  RSS/ATOM 記事 (590)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (590)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

[日記]イギリス21日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-29 9:00) 
この日は雨。昨日と同じパターンで行きたかったのだが、雨の中で自転車はちょっと嫌だ。結局、一日、宿で仕事をして過ごす。 宿のほうにネットもつながっているのだが、到着したときから調子が悪く、ときどきつながらないことがある。今の時期は管理する人もいないので、どうにもならない。
[日記]イギリス20日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-28 9:00) 
今日は月曜日。どうもこの時期になると週の感覚が無くなってくる。この日も買い物ができる時間が短いので、昼に街へいって、食事と買い物、午後からニーダム研へ。 研究のアウトラインの段階で、章だてなどを構想中。進捗はいまいち。 イギリスに来てまず、やりたかったことは体調の回復だ。そしてようやく回復してきたと感じる。つかれているkとは自覚していたのだが、E-Learningの教材で撮影された自分の動画を見て愕然とした。本当に疲れて死にそうな顔をしていて、こんなのが教材として使われるのは勘弁してほしい、と思うぐら ...
[日記]イギリス19日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-27 9:00) 
この日は、Sainsburyが11時から5時まで開店ということなので、午後遅く、まず買い物。屋台のタイ料理で昼食を食べて、ニーダム研へいって仕事。 ChromeでPDFの不具合。いろいろ解決法があるみたいだが、うまくいかない。 夜、宿で食事をしてから、ふと、テレビをつけてみる。”Tsunami: Where Was God?”という、2004年のインドネシア・スマトラ沖地震の津波に関する、ドキュメンタリー。イギリスでは、Boxing Dayにおこったと記憶されているようで、それを記念して、この日に放映 ...
[STS][時事]平成22年度文教・科学技術予算政府案  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-27 9:00) 
「平成22年度分文教・科学技術予算のポイント」(http://www.mof.go.jp/seifuan22/yosan009.pdf)に基づく。 (政府案全体は次;http://www.mof.go.jp/seifuan22/yosan.htm) (Via『空飛ぶ教授のエコロジー日記』http://d.hatena.ne.jp/yahara/20091227/1261888837;『科学政策ニュースクリップ』http://d.hatena.ne.jp/scicom/20091225/p1) この文書 ...
[日記]イギリス18日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-26 9:00) 
朝、同じ宿の大学院生とおしゃべりして、すこし遅く研究所へ行く。 今日は、Boxing Dayといって、クリスマスのプレゼント開ける日だそうだ。いろいろとセールをやっているショッピングの日だそうだが、なぜかケンブリッジのSainsburyはこの日は休みだそうで、結局、買い物ができない。 さて、ノートの整理は大体終わって、中身をどうするかについて考える作業に復帰。
[日記]イギリス17日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-25 9:00) 
朝からニーダム研へ行って仕事。雪がだいぶとけてきて、雪化粧の白い風景がちょってきた。雪が解けた下から、芝生の緑が見えるようになり、常緑樹もかなりあって、ケンブリッジの冬は、案外に緑が多いのである。ここの芝生は冬も、雪がふっても枯れたりしないらしい。大きな木には、落葉樹も多いので、遠くを観るとやっぱり、冬だなあということになるのだけれど。 雪が解けたといっても、日がよくささないようなところでは依然として凍っていて、昨日とおなじアイススケート場状態、自転車で走るのは容易でない。立ち止まって足をつけると、靴 ...
[STS] [読書]Vannever Bush, ”Science the Endless Frontier” http://www.nsf.gov/od/lpa/nsf50/vbush194  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-25 9:00) 
これは基礎科学の擁護に関する基本的な文献の一つと言っていいだろう。ちょっと読んでみたので軽く紹介する。私自身の関心は次のような点だ。基礎科学の成果はその性格からして、未知のものである以上、それが産業に応用可能か、どうか、ということは基本的に知りえないことである。第一に、この時点で、ブッシュはいったいどんな論理を用いて、基礎科学の有用性を主張したのか、ということ。第二に、その上で、彼はどういう論理を用いて、国家による基礎科学支援を正当化したのか、ということである。 ブッシュは、アメリカの電気工学者で、重 ...
[日記]イギリス16日目  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-24 9:00) 
朝からニーダム研で仕事。この日の朝は半分解けた雪が夜の間に凍りつき、道がアイススケート場状態で、とても自転車では走りにくい。慎重にハンドルを切らないとすぐに転んでしまいそうだ。自動車のほうは自転車よりもさらに怖いのだろう、のろのろと走っている。イギリス人は雪かきということをしないようで、大きな道路以外はほったらかしなのである。 作業は一応完了。学位論文以外の読書ノートもだいぶあるので、これをどう資源化するか、という問題を考えなければならない。 結局、ジレンマはこういうことだ。資料は一つの研究、一つの論 ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-23 9:00) 
朝からニーダム研で仕事。まったくだれもいないわけでもない。 庭に雀らしき鳥が飛んできている。イギリスの雀は妙に丸っこい。 ランチはお湯をかければよいだけの、レンズ豆のカップスープを食べてみた。なかなかイギリスらしいまずさである。 ノートの整理のほうは、とりあえず一つのファイルにまとめたノート1800ページのうち、800ページほどについて、見出しをつける作業を行った。明日ぐらいには終えたいのだが。 ハーバードに行く前に日本でやっていた作業については、読書ノートが98だったり、マックだったりしていて、今で ...
[時事][雑]いわゆる「暫定税率」維持をあえて支持する  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2009-12-23 9:00) 
現政権の評判の悪い「詐欺」行為だが、私はこれをあえて支持したいと思う。もともと、私は、ガソリン税に関しては、民主党政権が道路目的税としての暫定税率を廃止し、それに置き換わる、あるいはそれを上回る炭素税のような環境税をかわりに導入し、当然それは一般財源化することを期待していた。環境税はガソリンだけの問題ではないが、環境税の枠組みができるまでの措置として、暫定税率を維持して、それを一般財源化するのには、まったく異論はない。少なくとも、もし温暖化対策をするのであれば、自動車関係の税金は、上げる必要こそあれ、 ...



« [1] 10 11 12 13 14 (15) 16 17 18 19 20 [59] » 
メインメニュー
管理者用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録