logo

Links



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (0)  |  相互リンクサイト (0)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (2)  |  RSS/ATOM 記事 (590)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (590)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-7 9:00) 
今日は遅めの朝食を食べて、ニーダム研へ。夜まで仕事。10頃帰宅して、夕食。夕食が遅くなるのはよくないなと思いつつ。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-6 9:00) 
土曜日。昼に街の中心部へ両替・買い物。一時帰国のときにヒースローのアメックスに行ってTCを換金しようとしたのだが、手数料1.5パーセント(最低3ポンド)とか言われた。アメックスのTCを買ったのがまずかったと後で気づいたのだが、しかたがない。ましてや、円がさらにポンドに対して高くなるとは予想していなかった。為替のほうはどうにもならないので、せめて手数料を取られないところへ行きたい。私の知っている限り、アメックスのTCを手数料なしで両替してくれるのはMarks and Spencerの両替だけである。一日 ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-5 9:00) 
午前中からニーダム研。午後にテキストリーディングセミナー。今日は、所長のカレン氏が担当である。後漢の在野の天文学者(カレン氏の言い方だと:unofficial expert in celestial omens and planetary calculation)、郎凱についての話。「天文学者」というのは面倒だからそう書いたので、本当なら星占いの専門家と書くべきか。つまり、惑星などの天体の位置を観測し、計算されて予測された位置からのずれなどに基づいて、占いを行う。この人は占いの先生として数百人の弟子を ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-4 9:00) 
朝からニーダム研。今週中に草稿を書き上げたい論文が一本あるのだが、進行状況はいまひとつ。来週までかかるだろう。 ついつい夜9時ごろまでで仕事して帰宅。食事してすぐ寝る。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-3 9:00) 
朝からニーダム研で仕事。夜早く眠れるのは時差ぼけのせいか。
[雑][STS]ある童話  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-3 9:00) 
木村恒行 『原子の踊り』(東京, 文理書院: 1948)という本。 これは最近出した論文で使うべきだったかもしれないと今になって考えている。夏の4Sでこの話をとりこんで発表し、後で、短い論文でも書いてみよう。 或るところに大へん宝石の好きな王様が住んでいました。緑の森の中の美しい湖のほとりにあるお城の中はたくさんのめずらしい宝石でうずまって居ました。 宝石の好きな王様のところにはあちこちから宝石が献上されてくる。ある日、家来は献上された石をあやまって落として粉々にしてしまう。情け深い王様は家来を罰す ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-2 9:00) 
朝からニーダム研で仕事。午後にMill Laneへ行って、SchafferのTarner Lectureを聞く。思ったほど混んでいなかった。終了後、ニーダム研の人のところへホームパーティ。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-3-1 9:00) 
朝からニーダム研で仕事。いろいろとたまっている雑用を片付ける。 E-Learningの教材、というのは単に授業すればそれをもとに作ってくれる、というものではないらしく、結構教員側に負担がかかる。授業の準備に時間がかかるだけではなく、それを確認する作業もあるので、授業時間分の時間がさらにそこでかかるわけだ。
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-2-14 9:00) 
朝、9時にホテルを出てカーライルの街を散策。カーライルは、イングランドとスコットランドの境界の西側の端にあって、軍事と交易の要だった。現在はイギリスの動脈部からはずれていて、ニューキャッスル周辺が大都市圏になっているのに比べるとあまり大きな都市には発展していない。駅のすぐ前に、カーライルの市の城壁のゲートがあり、重厚な、レンガ色の低い塔が訪れる人を歓迎してくれる。ここから城塞のあるところまでが昔のカーライルの都市だったわけだ。 日曜日の午前中は博物館などもあいておらず、10時になってカーライルの城が開 ...
[日記]  from Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録  (2010-2-13 9:00) 
土曜日。今日から旅行。この日はまずCarlisleまで行く。イギリスでは、閉じこもって執筆をするのが目的で来ているわけだが、それでもときどきは見聞を広めるために旅行にでなければ、ということで、BritRail Passが二月いっぱいで期限切れになることもあって、一時帰国前にちょっと旅行に出ることにしたわけである。 初日の目的地はCarlisle。とりあえずケンブリッジからKing’s Crossに出て、そこからNewcastleへ向かう。Cambridgeから北のほうへ行く場合、別にロンドンを経由する ...



« [1] 5 6 7 8 9 (10) 11 12 13 14 15 [59] » 
メインメニュー
管理者用ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録