Science Studies ReaderはSTS関係の重要な論文が一冊にまとまっていて便利な本ですが、著者名のアルファベット順に配列されており、最初から読むことにあまり意味はありません。この中で特に重要なものをいくつかピックアップしてみます。これはこれだけ読めばよい、というわけではなく、どれから読んでいいのか分からないときに、まず外せないものをお勧めするものです。必ずしも入門的なもの、というわけでもありません。


Michel Callon, "Some elements of a Sociology of Translation: Domestication of the Scallops"

CallonによるANTを説明するホタテガイについての有名な論文

H. M. Collins, "The TEA Set: Tacit Knowledge and Scientific Networks"

Collinsによる暗黙知についての論文

Lorraine Daston, "Objectivity and the Escape from Perspective"

Dastonによる客観性についての論文;歴史的認識論。

Arnold I. Davidson, "Styles of Reasoning, Conceptual History, and the Emergence of Psychiatry"

スタイルという概念についての論文

Peter Galison, "Trading Zone: Coordinating Acgtion and Belief"

GalisonのTrading zoneの概念について知るために

Donna J. Haraway, "Situated Knowledge: The Science Question in Feminism and the Privilege of Partial Perspective"

Situated knowledgeについて

Roger Hart, "On the Problem of Chinese Science

中国科学史についての議論だが、非西洋科学を対象とするときの方法論的問題を扱っている

Thomas P. Hughes, "The Evolution of Large Technological Systems"

Hughesのtechnological systemの概念を知るために

Robert Kohler, "Moral Economy, Material Culture, and Community in Drosophila Genetics"

STSにおけるmoral economyの概念の使用(まあ、誤用と云ってもいいと思うが)

Bruno Latour, "Give Me a Laboratory and I will Raise the World

Latourの実験室研究のコンパクトなまとめ。いずれにせよLabratory Lifeは読まんとね。

Donald Mackenzie, "Nuclear Missile Testing and the Social Construction of Accuracy"

これもInventing Accuracyのまとめで、技術史・技術論系なら、本のほうをよむべきでしょう

Susan Leigh Star and James R. Griesemer, "Institutional Ecology, 'Translation', and Boundary Objects"

Boundary Objectの概念を知るために

Joseph Rouse, "Understanding Scientific Practices: Cultural Studies of Science as a Philosophical Program"

科学のカルスタについての理論的文献。邦訳あり


Emily Martin, Pickering, Porter, Rheinberger, Schafferも捨てがたい。